町田利加院長 (りかペットクリニック) | 動物病院・獣医を探すなら動物病院ドクターズ・ファイル

街の頼れる獣医さん 923 人、動物病院 3,248 件掲載中!(2018年04月21日現在)

りかペットクリニック

りかペットクリニック

町田利加院長
 

りかペットクリニック 町田利加院長 1 りかペットクリニック (町田利加院長) 1

←前 1 2 3 次→

駅前には商店街、少し歩けば建設中の高層マンモスマンション。どこかほっとする下町情緒と新興住宅が融合する街「久地」。駅のすぐそばを南北に貫く府中街道沿いに、2005年の3月に開院した「りかペットクリニック」。近隣の飼い主さんから評判の獣医、町田利加先生を取材しました。(取材日2006年9月13日)


初めて飼った犬が私を獣医にしました

―どんなお子さんだったんですか?

二子玉川出身で、兄が1人います。小学校、中学校、高校は私立でしたが家の近くでした。今は川をはさんで川崎市に住んでいますが、幼い頃からずっとこの近辺で過ごしました。性格的には、そんなに活発でもないし、かと言ってうちにこもるタイプでもなく、本当に普通の子供でした。 小さい頃から動物が大好きで、常に何か生き物を飼っていました。例えば、インコとかやどかりとか(笑)。いま思えば両親が共働きだったので寂しい思いをさせたくないという親心で飼わせてくれたのだと思います。幼稚園卒園の時に、両親にねだって、初めて犬を買ってもらいました。シェットランドシープドッグです。もう嬉しくて毎日散歩に連れて行ったりして、いつも一緒にいました。本当に可愛かったです。実は私が獣医になろうと思ったのは、初めて飼ったこの犬がきっかけなんですよ。


―どんな事がきっかけになったのですか?

小学5年生の頃、犬がパルボウィルスという伝染病にかかってしまい死んでしまったんです。ありふれた病気で、普通はワクチンさえ接種していれば防げる伝染病です。私も両親も、犬に関しては無知な素人で、ワクチンなど受けさせた事がなかったのです。慌てて動物病院に連れて行きましたが、すでに手遅れでした。「早く連れて帰ってくれ」というような冷たい対応をされたように幼い私には感じられました。その後、一晩で犬は亡くなりました。死んでしまった事はもちろん悲しかったし、病院の先生の冷たい対応にも怒りを感じたし、犬の事を知らない自分にも憤りを感じました。この時「将来は獣医になろう。獣医になって病気の動物を私が助けよう」と心に決めたんです。


←前 1 2 3 次→
 
178710/小滝橋動物病院 目白通り高度医療センター/井口和人副院長/1,18197/東3丁目ペットクリニック/山根瑞穂分院長/1,178702/いそざき動物病院/磯崎翔太院長/1,178701/横浜南どうぶつ病院/植野孝志院長/1,178697/かたせ江の島どうぶつ病院/畑 岳史院長/1,178673/わたなべ動物病院/渡辺言之院長/1,176519/春動物病院/猪熊 仁院長/1,178681/あおばペットクリニック/田中泰三院長/1,178676/とも動物病院/櫻井智敬院長/1,177101/谷津どうぶつ病院/新井 仁院長/1,178710/小滝橋動物病院 目白通り高度医療センター/井口和人副院長/1
/h

外出先でもドクターズ・ファイル

ドクターズ・ファイル モバイル版

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

関連コンテンツ

ドクターズ・ファイル
採用情報 『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細
ページ最上部へ
178710/小滝橋動物病院 目白通り高度医療センター/井口和人副院長/1,18197/東3丁目ペットクリニック/山根瑞穂分院長/1,178702/いそざき動物病院/磯崎翔太院長/1,178701/横浜南どうぶつ病院/植野孝志院長/1,178697/かたせ江の島どうぶつ病院/畑 岳史院長/1,178673/わたなべ動物病院/渡辺言之院長/1,176519/春動物病院/猪熊 仁院長/1,178681/あおばペットクリニック/田中泰三院長/1,178676/とも動物病院/櫻井智敬院長/1,177101/谷津どうぶつ病院/新井 仁院長/1,178710/小滝橋動物病院 目白通り高度医療センター/井口和人副院長/1
/h
animal