柳秀樹院長 (やなぎペットクリニック) | 動物病院・獣医を探すなら動物病院ドクターズ・ファイル

街の頼れる獣医さん 925 人、動物病院 3,212 件掲載中!(2018年09月25日現在)

やなぎペットクリニック

やなぎペットクリニック

柳秀樹院長
 

やなぎペットクリニック 柳秀樹院長 1 やなぎペットクリニック (柳秀樹院長) 1

←前 1 2 3 次→

中野島駅から歩いて3分ほど。2006年4月に下布田小学校前に開業したばかりのやなぎペットクリニック。動物たちが白衣に驚かないようにと、ラフな服装で普段の診療にあたるという院長の柳先生は、10年間のサラリーマン生活を経て、獣医師になったという異色のキャリアの持ち主。温かく包み込むような笑顔が印象的な柳先生、ときには冗談も交えて、取材に応じてくださった。(取材日2007年2月23日)


獣医師になる前は、印刷会社のサラリーマンでした

―どのような少年時代を過ごされたのでしょうか?

僕は生まれも育ちも多摩区布田です。小さい頃は田んぼやナシ畑が広がって、静かでのどかな町でした。このあたりは水が多い場所ですから、多摩川や用水路で釣りをしたり、水遊びをしていましたね。3歳位のころから、秋田犬の血が入った雑種を飼っていました。オスなのにリリーという女の子みたいな名前で、兄弟のように一緒に大きくなりました。僕が10歳の頃に、リリーが亡くなったときは、ただただショックだったのを覚えています。今思えば、リリーはフィラリアで亡くなったんですね。

―獣医師になられる前にサラリーマンを経験されていますね。

大学受験のときに、絶対に国立大と決めていたんです。両親からは私立大でもよいと言われていたのですが、経済的な負担をかけたくないという気持ちが強かったんです。国立大学の獣医学部は、非常に狭き門で、当時の僕の学力ではあきらめざるを得ませんでした。僕は工学にも興味を持っていたので、千葉大学工学部で印刷や写真について学び、卒業後は印刷会社で営業や企画、販売などを行いました。

―サラリーマン生活から一転し、獣医師になろうと決意された経緯をお聞かせください。

サラリーマン時代は、自分の仕事に誇りとやりがいを感じていましたが、同時にはっきりとはしない漠然とした迷いのようなものを感じていました。30歳を目の前にし、漠然とした迷いと決別すべく、自分の人生について見直してみました。1年近く考えたでしょうか、その結果、僕は会社という組織の一員ではなく、独立して何かをやりたい自営志向を持っていることに気がつきました。単なるサラリーマンの僕に何ができるだろかと考えてみたときに、大学進学のときにあきらめてしまった獣医師への夢が、ふと蘇ってきました。それからは夢にむかって突き進みました。

←前 1 2 3 次→
 
178716/シーファ動物病院/高橋敦司院長/1,178715/奥沢すばる動物病院/宮 直人院長/1,178713/ライト動物病院/小林良輔院長/1,178712/小滝橋動物病院 新目白通り第2高度医療センター/中村 泰治院長/1,178710/小滝橋動物病院 目白通り高度医療センター/井口和人副院長/1,18197/東3丁目ペットクリニック/山根瑞穂分院長/1,178702/いそざき動物病院/磯崎翔太院長/1,178701/横浜南どうぶつ病院/植野孝志院長/1,178697/かたせ江の島どうぶつ病院/畑 岳史院長/1,178673/わたなべ動物病院/渡辺言之院長/1,178716/シーファ動物病院/高橋敦司院長/1
/h

外出先でもドクターズ・ファイル

ドクターズ・ファイル モバイル版

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

関連コンテンツ

ドクターズ・ファイル
採用情報 『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細
ページ最上部へ
178716/シーファ動物病院/高橋敦司院長/1,178715/奥沢すばる動物病院/宮 直人院長/1,178713/ライト動物病院/小林良輔院長/1,178712/小滝橋動物病院 新目白通り第2高度医療センター/中村 泰治院長/1,178710/小滝橋動物病院 目白通り高度医療センター/井口和人副院長/1,18197/東3丁目ペットクリニック/山根瑞穂分院長/1,178702/いそざき動物病院/磯崎翔太院長/1,178701/横浜南どうぶつ病院/植野孝志院長/1,178697/かたせ江の島どうぶつ病院/畑 岳史院長/1,178673/わたなべ動物病院/渡辺言之院長/1,178716/シーファ動物病院/高橋敦司院長/1
/h
animal