鈴木芳司院長 (かみのげ動物病院) (2ページ目) | 動物病院・獣医を探すなら動物病院ドクターズ・ファイル

街の頼れる獣医さん 925 人、動物病院 3,212 件掲載中!(2018年09月26日現在)

かみのげ動物病院

鈴木芳司院長
 

かみのげ動物病院 鈴木芳司院長 2 かみのげ動物病院 (鈴木芳司院長) 2

頭の先からしっぽの先まで、しっかり触診

―どのような少年時代でしたか?

遊ぶのが大好きな子供でした。実は父が獣医師を始める前は、名古屋でサラリーマンやっていたんですが、私が3才の頃、こちらで動物病院を始めました。その頃は、このあたりも緑がたくさんあって、そこらへんを駆け回っていましたね。病院の前も砂利道でしたし、雨が降るとデコボコ。今はだいぶキレイになりましたよね。

―最近、犬や猫も長生きになってきていますが、どう思われますか?

そうですね。人間同様、高齢化が進んできています。そのため、糖尿病や心臓病、癌など、成人病にかかる子が増えてきています。今までは癌にかかる前に、亡くなっていた子が多かったんですが、最近は検査機器が高性能になってきているので、検査で癌が発見されています。また、ペットも高齢化してくると、飼い主である人間と接している時間が多くなってきます。そうすると、最期のお別れによる悲しみが大きくなってしまいます。子供みたいな感覚で飼っている方が多いですから、ペットロスも深刻な問題ですね。また最近はネットの普及により、こちらにいらっしゃる前に病名をネットで調べ、「先生、これじゃないの?」と病気を決めこんでしまう方も。様子がおかしいなと思われたら、まずは早めに私たちに診せていただければと思います。

―最近は、太り過ぎの子も多いですよね?

太りやすい子は間食が多いんですね。太ると高齢化の場合と同様、成人病が増えてしまいます。今はフードも良くなってきていますから、飼い主さんが分量をきちんと管理していただければと思います。また、散歩は運動になるだけでなく気晴らしにもなるので、毎日、散歩させてあげてくださいね。

―診療の際、心がけていることはありますか?

何よりも、患者の様子を細かくお聞きするようにしています。食のこと、普段の行動、排便など、生活全般いろいろ聞いて、そこから判断していきます。実際に患者とはお話できないんですが、飼い主さんとのコミュニケーションを大事にして、できるだけ頭の先からしっぽの先まで、触りながら診ていくようにしています。

 

新着「ドクターズ・ファイル」

178716/シーファ動物病院/高橋敦司院長/1,178715/奥沢すばる動物病院/宮 直人院長/1,178713/ライト動物病院/小林良輔院長/1,178712/小滝橋動物病院 新目白通り第2高度医療センター/中村 泰治院長/1,178710/小滝橋動物病院 目白通り高度医療センター/井口和人副院長/1,18197/東3丁目ペットクリニック/山根瑞穂分院長/1,178702/いそざき動物病院/磯崎翔太院長/1,178701/横浜南どうぶつ病院/植野孝志院長/1,178697/かたせ江の島どうぶつ病院/畑 岳史院長/1,178673/わたなべ動物病院/渡辺言之院長/1,178716/シーファ動物病院/高橋敦司院長/1
/h

外出先でもドクターズ・ファイル

ドクターズ・ファイル モバイル版

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

関連コンテンツ

ドクターズ・ファイル
採用情報 『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細
ページ最上部へ
178716/シーファ動物病院/高橋敦司院長/1,178715/奥沢すばる動物病院/宮 直人院長/1,178713/ライト動物病院/小林良輔院長/1,178712/小滝橋動物病院 新目白通り第2高度医療センター/中村 泰治院長/1,178710/小滝橋動物病院 目白通り高度医療センター/井口和人副院長/1,18197/東3丁目ペットクリニック/山根瑞穂分院長/1,178702/いそざき動物病院/磯崎翔太院長/1,178701/横浜南どうぶつ病院/植野孝志院長/1,178697/かたせ江の島どうぶつ病院/畑 岳史院長/1,178673/わたなべ動物病院/渡辺言之院長/1,178716/シーファ動物病院/高橋敦司院長/1
/h
animal