井田 龍院長 (あいむ動物病院 西船橋) | 動物病院・獣医を探すなら動物病院ドクターズ・ファイル

街の頼れる獣医さん 879 人、動物病院 3,222 件掲載中!(2017年05月29日現在)

あいむ動物病院 西船橋

あいむ動物病院 西船橋

井田 龍院長
 

あいむ動物病院 西船橋 井田 龍院長 1 あいむ動物病院 西船橋 (井田 龍院長) 1

←前 1 2 3 次→

西船橋駅を出て、千葉街道沿いを歩くと見えてくる「あいむ動物病院 西船橋」。2008年に開業して以来、地域に根差した動物病院として信頼を集めている。部屋ごとに明るさや音楽を変えるなど、細かいところにまでこだわった空間づくりにも特徴がある。「どうすれば動物や人が心地よく診療できるかを徹底的に考え、工夫を重ねている」と話すのは、院長の井田 龍先生。穏やかな語り口調の中にも、一次診療としてできる限りの治療を提供したいという、動物医療への真摯な想いが伝わってくる。医療スタッフの他に顧客サービスを担当する一般のスタッフがいるなど、動物病院では珍しい試みにも積極的に取り組んでいる。そうしたサービスや診療で心がけていることなど、たっぷりとお話を伺った。
(取材日2015年7月1日)


外科治療にも力を入れ、ワンストップで診療

―とても居心地の良い空間ですね。

ありがとうございます。病院内が動物や患者さんにはもちろんのこと、そこで働くスタッフにとっても居心地の良い空間になるようにと常に心がけています。待合室は落ち着いた雰囲気になるような明るさに保ち、BGMと環境音を組み合わせて流しています。診察室や処置室など部屋ごとにその用途に合わせて雰囲気を変化させて患者さんや動物たちの緊張感を和らげ、疲労感を軽減できるように配慮しています。また、入院する動物に対しては、特に猫やウサギなどになるべくストレスをかけないよう、犬舎とは部屋を分けて、入院室内は日没と日出に合わせて徐々に室内の明るさを自動的に調節できるように工夫しています。これは、動物病院は空調、動物の逃走防止などのため、採光が少なく刺激の少ない閉鎖空間になっているため、照明でいきなり明るくなったり暗くなったりすることによる生体リズムへの悪影響が起こらないようにという配慮です。診察室や入院室の明るさや湿度、臭い、音などの雰囲気に動物は五感で敏感に反応をしますし、飼い主さんにとっては動物病院特有の臭いの少ない衛生環境、こういったことも含めて治療がスムーズに進むかどうかにも関わります。こうした些細な工夫は、常に試行錯誤をしながら常に取り入れています。私自身何かをデザインして創作する作業が好きなので、それをここで活かして病院のオリジナリティを発揮できればと思います。

―医療スタッフが多いことも特徴ですね。

院長以下、サービス担当者、しつけインストラクターやクリーンスタッフなど非医療スタッフや非常勤を含めて22人が在籍しています。このうち獣医師は9人、動物看護師は9人です。動物相手の医療行為では、一頭の患者さんに対して複数の医療スタッフによる忍耐の必要な作業を繰り返し必要とします。診察室の外での入院や手術などの処置は飼い主さんからは直接は見えないものですが、適切な医療を行うための手間や手順を、人手が足りないからと省略することはできません。外来、手術、入院患者さんの増加や、院内環境の整備に対応していくうちに、いつの間にか人員も増えていきました。動物医療でも外科や皮膚科などの特色を謳う施設が増えています。当院ではそれらを踏まえた上での質の高い全科診療を目標としていますので、「〜科」が得意であるという標榜は敢えてしないことを基本にしています。医療スタッフが増え規模が大きくなってもこの方針は変わりません。全科診療は動物医療の抱える難しい問題ですが、当院では逆に「苦手分野だからできない」という理由は許されないことであると捉え、全体的な底上げを責務としています。当院には若い獣医師もいますが、はじめから得意な分野に傾斜するのではなく、そうでない分野にも自分の裾野を広げ、様々なニーズを広い視点で対応できるように研鑽するよう教育しています。

―外科治療も多く手がけられていらっしゃいます。

そうですね。やはり外科的な治療抜きでは医療行為そのものが成り立ちませんし、それを必要とする患者さんは多いですから、標準的な治療や手術ができないからといって「他の病院に行ってください」というのでは困ります。もちろん、飼い主さんの利益にかなう場合には、積極的に大学病院などの二次診療施設にご紹介しますが、できるだけ自ら手がけられるように研鑽しています。飼い主さんにとっても、やはり同じ病院で一貫した医療を受けられるメリットは大きいですよね。私は動物医療ではそういったニーズに対してワンストップで提供できる仕組みづくりをする義務があると思っています。一次診療というのは問題を抱えた患者さんが最初に動物医療接する重要な位置を担っていますが、当院はさらに一歩進んだ外科まで含む「カバレッジの広い一次診療」を目標としています。

←前 1 2 3 次→
 
178672/キズナ犬猫クリニック/遠藤隼人院長/1,178661/ひがしっぽ動物病院/東尾直樹院長/1,15308/さいわい動物病院/杉山博輝院長/1,17169/わたりだ動物病院/田村通夫院長、田村裕美副院長/1,178653/くるり動物病院にとな/中島 穣院長、吉野夏代先生/1,20064/あいはら犬猫病院/濱田宇広院長/1,177307/しろいアニマルクリニック/中川善裕院長/1,177168/石井どうぶつ病院/石井 聡院長/1,40268/くるみ動物病院/武藤幸子院長/1,177308/よしだ動物病院/吉田高嗣院長/1,178672/キズナ犬猫クリニック/遠藤隼人院長/1
/h

外出先でもドクターズ・ファイル

ドクターズ・ファイル モバイル版

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

関連コンテンツ

ドクターズ・ファイル
採用情報 『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細
ページ最上部へ
178672/キズナ犬猫クリニック/遠藤隼人院長/1,178661/ひがしっぽ動物病院/東尾直樹院長/1,15308/さいわい動物病院/杉山博輝院長/1,17169/わたりだ動物病院/田村通夫院長、田村裕美副院長/1,178653/くるり動物病院にとな/中島 穣院長、吉野夏代先生/1,20064/あいはら犬猫病院/濱田宇広院長/1,177307/しろいアニマルクリニック/中川善裕院長/1,177168/石井どうぶつ病院/石井 聡院長/1,40268/くるみ動物病院/武藤幸子院長/1,177308/よしだ動物病院/吉田高嗣院長/1,178672/キズナ犬猫クリニック/遠藤隼人院長/1
/h
animal