板垣秀樹院長 (ピジョンミニペットクリニック) (2ページ目) | 動物病院・獣医を探すなら動物病院ドクターズ・ファイル

街の頼れる獣医さん 898 人、動物病院 3,232 件掲載中!(2017年08月22日現在)

ピジョンミニペットクリニック

板垣秀樹院長
 

ピジョンミニペットクリニック 板垣秀樹院長 2 ピジョンミニペットクリニック (板垣秀樹院長) 2

「小動物専門」の看板が飼い主に安心感を与える

―注射や点滴をしただけでも症状は大きく変わりますか?

はい。体調を崩した結果、脱水症状に陥ってしまっている動物も多いんです。脱水症状に陥ると、全身に倦怠感を覚えてしまって食欲が落ちてしてしまうんですよ。そうなると、今度は胃腸の動きが弱ってしまって、ご飯が食べられなくなってしまう。いわゆる「ドロドロ血」のような状態になってしまって、全身の代謝が低下してしまうんですね。ですから、極端なことを言えば、注射や点滴をするだけでも劇的に症状が改善することもあるんです。

―「小動物専門」という看板を掲げられていることには、どんな意味があるとお考えですか?

動物病院は「犬猫をメインとして診察している」という形で看板を出しているところが多いと思います。もちろん、そうした病院にもしっかり小動物のことを勉強されている先生はいらっしゃるでしょう。しかし、あえて「小動物・犬猫以外」という看板を掲げておくことで、飼い主さんから見たときの「入りやすさ」が違うのではないでしょうか。「小動物専門の獣医師がいる」という安心を感じてもらえるのではないかと思っています。

―小動物が相手だと、使う薬や器具なども犬や猫とは異なるんでしょうか?

例えば、薬を例にとると「犬・猫には使えるけど、ウサギには使えない」という薬もあるんです。そういう知識を知っていないと、適切な治療を行うことはできません。治療に使う機材も犬猫用のものを流用したり、自作したりして対応しています。現在、エキゾチックアニマルの治療は、需要はあるのですが供給が足りていません。当クリニックでは、動物病院のほかに小動物専門のペットホテルも営業していますが、そのような施設は他にあまりないと思います。365日年中無休の営業なので、年末年始やお盆の連休中に大切なペットを預けることが可能です。動物病院と併設ということで、飼い主さんも動物の急な体調不良に対応できる安心感はあるでしょう。ペット需要も多様化してきていますし、小動物に興味を持つ人も増えてきていると感じています。

 

新着「ドクターズ・ファイル」

176519/春動物病院/猪熊 仁院長/1,178681/あおばペットクリニック/田中泰三院長/1,178676/とも動物病院/櫻井智敬院長/1,177101/谷津どうぶつ病院/新井 仁院長/1,178672/キズナ犬猫クリニック/遠藤隼人院長/1,178661/ひがしっぽ動物病院/東尾直樹院長/1,15308/さいわい動物病院/杉山博輝院長/1,17169/わたりだ動物病院/田村通夫院長、田村裕美副院長/1,178653/くるり動物病院にとな/中島 穣院長、吉野夏代先生/1,20064/あいはら犬猫病院/濱田宇広院長/1,176519/春動物病院/猪熊 仁院長/1
/h

外出先でもドクターズ・ファイル

ドクターズ・ファイル モバイル版

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

関連コンテンツ

ドクターズ・ファイル
採用情報 『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細
ページ最上部へ
176519/春動物病院/猪熊 仁院長/1,178681/あおばペットクリニック/田中泰三院長/1,178676/とも動物病院/櫻井智敬院長/1,177101/谷津どうぶつ病院/新井 仁院長/1,178672/キズナ犬猫クリニック/遠藤隼人院長/1,178661/ひがしっぽ動物病院/東尾直樹院長/1,15308/さいわい動物病院/杉山博輝院長/1,17169/わたりだ動物病院/田村通夫院長、田村裕美副院長/1,178653/くるり動物病院にとな/中島 穣院長、吉野夏代先生/1,20064/あいはら犬猫病院/濱田宇広院長/1,176519/春動物病院/猪熊 仁院長/1
/h
animal