小笠原良一院長 (りょう動物病院) (2ページ目) | 動物病院・獣医を探すなら動物病院ドクターズ・ファイル

街の頼れる獣医さん 912 人、動物病院 3,241 件掲載中!(2017年12月13日現在)

りょう動物病院

りょう動物病院

小笠原良一院長
 

りょう動物病院 小笠原良一院長 2 りょう動物病院 (小笠原良一院長) 2

飼い主の考え方も考慮しながら、治療法の選択肢を提示

―小笠原院長が診療の際、心がけていることはどんなことですか?

動物たちが何に一番苦しんでいるのか、飼い主様はどういう治療を望んでいるのか、それらをよく把握することがとても重要と考えています。言うまでもなく病気を治すことが最終目標ですが、それに向けてどんな治療方法があるのか、飼い主様に丁寧に説明するよう心がけています。飼い主様はそれぞれ考え方が違いますし、治療方法にもいろいろある。その中から飼い主様の考えも考慮しながら、いくつかの選択肢を提示して、飼い主様に納得していただいてから治療に入るようにしています。当院で提供できる最も高度な治療法も選択肢の1つとして提示しますが、それを実践できるだけの確かな裏付けが必要となります。そのためにも日頃の研鑽が大切になってくるわけですね。こちらが提示した選択肢を理解していただく上で、飼い主様との信頼関係もとても重要だと思います。

―その信頼関係はどのように築いていらっしゃるのですか。

診療の際は、できるだけわかりやすく説明しているのですが、飼い主様も緊張していらっしゃったり、普段は聞き慣れない内容であったりして、なかなか頭に残らないことも多いようです。なので、検査結果や画像データなどをお見せしながら説明したり、検査結果のシートなどはすべてお持ち帰りいただいたりと工夫しています。小さい時からずっと診てきている患者さんも多く、いろいろお話していく中でだんだん信頼関係も深まっていきますね。がんなどの重篤な病気になった犬や猫たちが残念ながら命を落としてしまった時に「最善の治療を施してもらった」「この病院で診てもらってよかった」と言っていただくとほっとします。そういった飼い主様はやはり心に強く残りますね。

―院長のお立場から飼い主さんへのアドバイスは何かございますか。

私たち人間は1年に1回健康診断を受けますが、犬や猫の場合、老いが早い分こまめな体調チェックが必要です。彼らは忍耐強く、具合が悪いかどうか飼い主様でもなかなかわかりにくい。で、何か症状が出てきた時にはかなり悪化している場合も多く、あっと言う間に進行してしまいます。そんなことにならないように、月に1回、あるいは2ヵ月に1回くらいの割合でもいいですから、病院に来ていただきたいと思います。爪を切るだけでもいいですし、散歩のついでに寄って雑談していくだけでもいいんです。その際に体調チェックができますので、気楽に立ち寄ってほしいですね。

 
178697/かたせ江の島どうぶつ病院/畑 岳史院長/1,178673/わたなべ動物病院/渡辺言之院長/1,176519/春動物病院/猪熊 仁院長/1,178681/あおばペットクリニック/田中泰三院長/1,178676/とも動物病院/櫻井智敬院長/1,177101/谷津どうぶつ病院/新井 仁院長/1,178672/キズナ犬猫クリニック/遠藤隼人院長/1,178661/ひがしっぽ動物病院/東尾直樹院長/1,15308/さいわい動物病院/杉山博輝院長/1,17169/わたりだ動物病院/田村通夫院長、田村裕美副院長/1,178697/かたせ江の島どうぶつ病院/畑 岳史院長/1
/h

外出先でもドクターズ・ファイル

ドクターズ・ファイル モバイル版

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

関連コンテンツ

ドクターズ・ファイル
採用情報 『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細
ページ最上部へ
178697/かたせ江の島どうぶつ病院/畑 岳史院長/1,178673/わたなべ動物病院/渡辺言之院長/1,176519/春動物病院/猪熊 仁院長/1,178681/あおばペットクリニック/田中泰三院長/1,178676/とも動物病院/櫻井智敬院長/1,177101/谷津どうぶつ病院/新井 仁院長/1,178672/キズナ犬猫クリニック/遠藤隼人院長/1,178661/ひがしっぽ動物病院/東尾直樹院長/1,15308/さいわい動物病院/杉山博輝院長/1,17169/わたりだ動物病院/田村通夫院長、田村裕美副院長/1,178697/かたせ江の島どうぶつ病院/畑 岳史院長/1
/h
animal