犬・猫の定期的な健康診断の必要性検査項目や所要時間など疑問を解消 (ニュートン動物病院 ) | 動物病院・獣医を探すなら動物病院ドクターズ・ファイル

街の頼れる獣医さん 857 人、動物病院 3,214 件掲載中!(2017年03月23日現在)

ニュートン動物病院

ニュートン動物病院

高橋誠之院長
 
検診・治療レポート

犬・猫の定期的な健康診断の必要性検査項目や所要時間など疑問を解消

ニュートン動物病院
人間に比べると約4倍の速さで年をとる犬や猫は、8歳ぐらいから人間でいう「高齢期」に入ってくるという。大切なペットたちが元気で長生きするためには、隠れている病気やトラブルを早期に見つけて治療しておくことが非常に重要であり、人間と同じように定期的に健康診断を受けることが勧められる。そこで「ニュートン動物病院」高橋誠之院長に、どんな検査が必要なのか、検査でどんなことがわかるのか、ペットの健康診断についての基礎知識や疑問点を伺った。(取材日2015年8月26日)

検診・治療前の素朴な疑問を聞きました!

Q 健康診断はなぜ必要なのですか?
犬や猫は、体調が悪かったり、痛かったりしても我慢してしまうもの。飼い主様が気づいたときには、かなり進行していることが多く、手遅れのケースも珍しくありません。ですから、症状が出ないうちに健康診断で、病気や不具合を早期に発見することが非常に重要なのです。
Q 検査項目と検査にかかる時間を教えてください
検査項目は、血液検査、尿検査、便検査、血圧、心電図、レントゲン撮影、心エコー、腹部エコーなどがあります。当院では標準的なコースも用意していますが、まず問診と視診、触診、聴診で診察し、飼い主様のお話をお聞きして、必要な検査をピックアップします。また、検査時間は、血液検査だけであれば、30分程度。より詳しく検査される場合には2〜3時間です。必要に応じて半日程度お預かりさせていただくなど、飼い主様やペットの負担を少なくできるような方法を考えますので、希望される方は気軽にご相談ください。
Q どのタイミングで受ければいいですか?
健康診断は1年に1回というイメージがありますが、犬や猫は、人間の約4倍の速さで年をとるので、1年ごとでは4年に1度というタイミングになります。8歳を超えたら、健康でも半年に1度程度の検査をお勧めしています。

検診・治療START!ステップで紹介します

STEP1 動物の様子を見ながら、問診
ペットの様子を診ながら、年齢や病歴、家での様子や気になることなどを問診。ペットの緊張をほぐし診察や検査をスムーズに進めるために、ペットと飼い主へのコミュニケーションを重視しているとのこと。
STEP2 視診、聴診、触診など診察を行う
問診と診察から、どんな検査が必要かをピックアップして、相談する。人間ドックのように、基本的な検査を組み合わせた標準的な検査コースも用意されている。
STEP3 血液検査と尿検査
血液検査は基本的な検査の一つで、内臓機能の異常がわかる。腎機能などの異常が早期にわかる尿検査もぜひ受けておきたい検査。特に、腎臓が悪くなりやすく、我慢強い猫は3ヵ月に1度ぐらい受けた方がよいとのこと。
STEP4 レントゲン撮影とエコー検査
レントゲン検査では、関節や骨、臓器の大きさや異常をチェック。エコー検査は、内臓の機能状態の把握と、腫瘍や結石などの異常を見つけることができる。部位によって心臓のエコーと腹部のエコーを行う。
STEP5 診断結果を伝える
画像やデータを見ながら、検査結果と総合的な診断を聞く。異常が見つかれば、精密検査や治療へと進む。同院では循環器科認定医の専門的な治療が受けられるなど、健康診断後のフォローも安心。

ドクターからのコメント

ニュートン動物病院 / 高橋誠之院長
10歳以降も元気に過ごし天寿を全うするためには、定期的に健康診断を受け、早期に病気を発見し、治療しておくことが勧められます。病気が早期にわかると、治療も簡単で薬の量も少ないのでペットの負担も少なく、通院回数や治療費も少なくてすみます。最近増えている腫瘍疾患も、小さいうちならば簡単に手術ができて元気に走り回れるようになります。「もっと早く見つけてあげればよかった」と後悔することのないように、健康診断を上手に利用して、ペットの健康寿命を延ばしていただきたいですね。

読者レポーターのコメント

鈴木さんとウェンディーちゃん
高齢になったワンちゃんが散歩に行きたがらないのは「年のせいなのかな」と思っていましたが、健康診断で関節や心臓の問題がわかることが多いと聞いて、びっくり。元気に見えても、痛いのを我慢しているワンちゃんやネコちゃんが多いんですね。健康診断はお金がかかる印象もありましたが、病気が早期にわかれば治療も簡単にすみ、長い目で考えると経済的であることもよくわかりました。年をとっても元気でいてくれるように、これからは健康診断を上手に利用したいと思います。
 
17169/わたりだ動物病院/田村通夫院長、田村裕美副院長/1,178653/くるり動物病院にとな/中島 穣院長、吉野夏代先生/1,20064/あいはら犬猫病院/濱田宇広院長/1,177307/しろいアニマルクリニック/中川善裕院長/1,177168/石井どうぶつ病院/石井 聡院長/1,40268/くるみ動物病院/武藤幸子院長/1,177308/よしだ動物病院/吉田高嗣院長/1,178639/葛西りんかい動物病院/垰田高広院長/1,177152/鈴木犬猫病院/鈴木 隆院長/1,178624/おくやま動物病院/奥山彰吾院長、奥山美樹さん、八角文子さん/1,17169/わたりだ動物病院/田村通夫院長、田村裕美副院長/1
/h
ドクターズ・ファイル

外出先でもドクターズ・ファイル

ドクターズ・ファイル モバイル版

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

関連コンテンツ

ドクターズ・ファイル
採用情報 『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細
ページ最上部へ
17169/わたりだ動物病院/田村通夫院長、田村裕美副院長/1,178653/くるり動物病院にとな/中島 穣院長、吉野夏代先生/1,20064/あいはら犬猫病院/濱田宇広院長/1,177307/しろいアニマルクリニック/中川善裕院長/1,177168/石井どうぶつ病院/石井 聡院長/1,40268/くるみ動物病院/武藤幸子院長/1,177308/よしだ動物病院/吉田高嗣院長/1,178639/葛西りんかい動物病院/垰田高広院長/1,177152/鈴木犬猫病院/鈴木 隆院長/1,178624/おくやま動物病院/奥山彰吾院長、奥山美樹さん、八角文子さん/1,17169/わたりだ動物病院/田村通夫院長、田村裕美副院長/1
/h
animal