島田健一郎院長 (麻布十番犬猫クリニック) | 動物病院・獣医を探すなら動物病院ドクターズ・ファイル

街の頼れる獣医さん 886 人、動物病院 3,224 件掲載中!(2017年06月25日現在)

麻布十番犬猫クリニック

麻布十番犬猫クリニック

島田健一郎院長
 

麻布十番犬猫クリニック 島田健一郎院長 1 麻布十番犬猫クリニック (島田健一郎院長) 1

←前 1 2 3 次→

都営大江戸線・東京メトロ南北線の7番出口から徒歩2分。「麻布十番犬猫クリニック」は、手術や入院医療を提携する24時間体制の総合病院に委ねることで、フットワークの軽い、柔軟性に富んだ診療体制を実現させた動物病院だ。皮膚科系疾患の治療を得意とする一次診療施設として地域の動物医療を支える一方、要望があれば片道1時間以上かかる遠方への往診にも出向く。「“上から目線”ならぬ“横から目線”を心がけて、常に飼い主さんに寄り添っていきたい」と話すのは、院長の島田健一郎先生。研究者としての顔も持ち、日常診療と並行して動物のスキンケアの研究にも取り組んでいる。そんな島田先生に、動物医療にかける熱い思いをたっぷりと語っていただいた。
(取材日2013年3月5日)


動物にじっくり向き合うために予約診療を採用

―こちらは皮膚科と内科を中心に診療を行っている動物病院だと伺いました。

私自身が犬猫の皮膚科診療を専門的に行っておりますので、皮膚病治療に特化していることが当院の特徴の1つといえます。また、ワクチン等の予防医療、下痢や嘔吐(おうと)、かぜの治療といった内科系診療もメインに行っており、地域における一次診療施設としての役割を果たしています。診療スタイルは原則予約制で、飼い主様お一人につき30分を確保し、時間をかけた丁寧な診療を心がけています。働いている飼い主様も多いので、時間の見通しが立たないよりは、最初から時間を決めてしまって、その時間内できっちり診療が終わる現在のスタイルのほうが、飼い主様も通院しやすいのではないかと考えています。ちなみに,当院には普通の動物病院と違って手術室と入院施設がありません。イメージとしては、人間のお医者さんの内科診療所のような感じですが、万が一の時の不安を最小限にするために、24時間体制の総合動物医療施設である「日本動物医療センター」と提携し,症状の重症化が心配される患者さまやすぐに手術が必要な患者さまについては、そちらの病院へご紹介する安心の体制を整えております。その際、必要な情報(検査結果等)は、飼い主様の同意をもとに、電子カルテにて共有できるシステムになっているため、再度同じ検査を行う必要がなかったり、これまでの経過を細かく説明する必要がなかったり等のメリットがあります。

―手術室や入院施設がないことで不便なことはありませんか。

確かに、重篤な病状の患者さまについては対応が難しい場合もあります。しかし、皮膚科診療では手術や入院を必要とする場合は非常に稀ですし、内科系診療でも、多くの飼い主様は動物たちの異変にいち早く気づき、早い段階でご来院くださるので、特に不便に感じることはありません。また、現在では提携病院のように充実した設備やスタッフを揃え、救急にも対応してくれる大型の動物病院が都内に複数ありますので、手術や入院が必要と判断した場合は協力を仰ぎ、連携をとるスタイルの方が飼い主様のメリットに繋がると考えています。特に病状の重い患者さまの場合では、夜間の看護が不可欠ですので、24時間体制の病院にお願いすることで、飼い主様だけでなく獣医師である私の不安も軽減できています。ちなみに、比較的危険性の少ない去勢や避妊手術、および日帰り可能な外科的処置(いぼの切除、歯石除去等)については,当院でお預かりし,日本動物医療センターの手術室にて私が執刀した後、当院でお返しする体制も整えておりますので、ぜひ外科的なご相談にもいらしてください。

―往診にも来ていただけるとか。

往診の範囲は基本的には港区内ですが、ご要望があれば片道1時間以上かかる場所でも往診します。今は10年ほど前におきたペットブームの時の子たちが、ちょうどシニア世代になっている時期でもあり、「足腰が弱って移動が難しくなったので往診に来てほしい」というご依頼が最近、増えてきました。そもそも移動自体、動物にとってはストレスになりますし、慣れない環境に来ると緊張する子も多い。そういう意味でも、自宅で診てあげるほうが動物にとっては理想的なのかなと思います。

―東洋医学やダイエット指導にも取り組まれているそうですね。

漢方薬や鍼を治療に取り入れています。アレルギー性の病気などは西洋医学だけでは治らないことも多いので、西洋医学を基本としつつも、思うような効果が得られない場合は飼い主さんともご相談しながら、東洋医学的治療に切り換えることがあります。鍼治療は、歩けなくなった老犬・老猫の筋肉に刺激を与えるためや、手術後のリハビリ目的で実施することもあります。一方、ダイエット指導では、ダイエットフードを活用しながら体重をコントロールしていくプログラムを提供しています。人間同様、動物も肥満になると病気が起きやすくなります。ちょっとくらいならと人間の食べ物をあげてしまう飼い主さんもいるようですが、人間に換算すると、体重5kgの犬にとってクッキー1枚は、ハンバーガー1個分のカロリーに相当します。少し厳しい言い方になりますが、ペットの肥満の原因が飼い主さんの健康管理意識の低さにあることも、知っていただきたいと思います。

←前 1 2 3 次→
 
178681/あおばペットクリニック/田中泰三院長/1,178676/とも動物病院/櫻井智敬院長/1,177101/谷津どうぶつ病院/新井 仁院長/1,178672/キズナ犬猫クリニック/遠藤隼人院長/1,178661/ひがしっぽ動物病院/東尾直樹院長/1,15308/さいわい動物病院/杉山博輝院長/1,17169/わたりだ動物病院/田村通夫院長、田村裕美副院長/1,178653/くるり動物病院にとな/中島 穣院長、吉野夏代先生/1,20064/あいはら犬猫病院/濱田宇広院長/1,177307/しろいアニマルクリニック/中川善裕院長/1,178681/あおばペットクリニック/田中泰三院長/1
/h

外出先でもドクターズ・ファイル

ドクターズ・ファイル モバイル版

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

関連コンテンツ

ドクターズ・ファイル
採用情報 『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細
ページ最上部へ
178681/あおばペットクリニック/田中泰三院長/1,178676/とも動物病院/櫻井智敬院長/1,177101/谷津どうぶつ病院/新井 仁院長/1,178672/キズナ犬猫クリニック/遠藤隼人院長/1,178661/ひがしっぽ動物病院/東尾直樹院長/1,15308/さいわい動物病院/杉山博輝院長/1,17169/わたりだ動物病院/田村通夫院長、田村裕美副院長/1,178653/くるり動物病院にとな/中島 穣院長、吉野夏代先生/1,20064/あいはら犬猫病院/濱田宇広院長/1,177307/しろいアニマルクリニック/中川善裕院長/1,178681/あおばペットクリニック/田中泰三院長/1
/h
animal