石橋 徹院長、石橋実佐子副院長 (いのかしら公園動物病院) | 動物病院・獣医を探すなら動物病院ドクターズ・ファイル

街の頼れる獣医さん 926 人、動物病院 3,212 件掲載中!(2018年07月21日現在)

いのかしら公園動物病院

いのかしら公園動物病院

石橋 徹院長、石橋実佐子副院長
 

いのかしら公園動物病院 石橋 徹院長、石橋実佐子副院長 1 いのかしら公園動物病院 (石橋 徹院長、石橋実佐子副院長) 1

←前 1 2 3 次→

吉祥寺、三鷹からバスで約10分。緑豊かな井の頭公園のすぐそばにある動物病院が「いのかしら公園動物病院」だ。まず驚くのが、麻布大学博士課程を修了し、主に外科と循環器科とエキゾチックペットを担当する石橋徹院長と内科・腫瘍・皮フ科を担当する副院長の石橋実佐子医師のぴったり息の合った治療だ。お互いに尊敬しあっているという二人の信頼関係は治療面でも外科・内科、手術・検査と攻守バランスのとれた医療になって現れている。そんな二人が支える同院は、毎日差し入れを持ってきてくれる患者さんなど暖かさでいっぱい。人だけではない。ここを訪れるペットたちも、いのかしら公園動物病院のスタッフの手にかかればすんなり治療を受け入れてくれるという。ペットも医師の人柄を見ているのだろうか? 真相を石橋院長、実佐子副院長に聞いてみよう。
(取材日2013年11月6日)


飼い主のニーズに見合った等身大で現実的な治療を

―治療の際、石橋院長が心がけていることは何ですか?

【石橋院長】等身大で、過不足のない現実的な治療をすることです。問診・視診・聴診・触診で、おおまかな状況が把握できたら、現状と見通しをわかりやすく説明し、まずは、飼い主さんとしっかり対話をします。飼い主さんが何を期待しているのか。何をして欲しくて、何をして欲しくないのか。飼い主さんの介護の限界はどこまでか。臨床とは患者に寄り添うことであるという言葉がありますが、患者(動物)だけでなく、飼い主さんにしっかり寄り添うということが大事だと思っています。初対面の方と緊迫した雰囲気で対話するのが苦手なので、深刻な状況でない場合には積極的に笑いをとりに行くこともあります。まずはお互いリラックスです。飼い主さんと親しく会話をしていると、この人はお母さんの友達なんだと動物が思うのか、診察にも良い影響があります。このような向き合い方をしていると、時には飼い主さんの希望によって必要最低限の検査に絞り込まざるを得ない場合もあり、診断が難しくなる場合もありますが、カミさんとがっちりタッグを組んで相談しながら診察をすすめているので、まず見落としなどはありません。特にカミさんは大学病院で研修医をしたあと、高度医療を行う病院に長いこと勤めていたので、彼女の経験がモノをいいます。必要最低限の検査に絞った中でも、とくにこの検査だけは別枠で絶対必要だと彼女が指示を出すことがよくありますが、あとになってコレが実に正解だったことが判る。おお〜って思いますね。

―地域の医師として活動することについて、感じていることや意識していることはありますか?

【石橋院長】うちの患者さんは善良で愛情深い方が多いので、毎日ありがたいなぁと思って仕事をしています。
【実佐子副院長】開業当時の余裕のないときに、毎日、晩御飯のおかずを持ってきてくださる方がいました。5年近くもですよ。
【石橋院長】その飼い主さんは、いつも妻の事を心配してくださっていて「仕事終わったあとにごはん作るんじゃ大変でしょ」って。その方は私には厳しくて、実佐子先生に苦労かけるんじゃないよ。ってよく説教されました。親戚のおばさんみたいな感じでしたよ。こういったエピソードは沢山ありますね。ご近所付き合い的な暖かさは常に感じています。患者さんたちに守られているなと思います。その想いに応えるべく、地域の親切な獣医でありたいと思っています。遠方からわざわざ来ていただくほどの病院ではありませんが、自転車で来られる距離ならば、2〜3件素通りしてでもうちの病院に来る価値はあると思いますよ(笑)。
【実佐子副院長】 相談だけに来られた方にも親切丁寧に答えていますしね。
【石橋院長】 病気の相談だけではありません。この前も小学校から「カメをどうやって育てたらいいか」と相談を受けたので対応しました。ミドリガメの生態や飼育方法はもちろん、攻撃的で不衛生な生き物としての問題点、外来生物としての問題点といったネガティブな要素も盛り込んだテキストをつくって担任の先生にお渡しし、待合室のカメ水槽の前で子供達を相手にカメ教室を開きました。商店会のお祭りで、ペットと震災というテーマで講演をしたこともあります。獣医の腕とはぜんぜん関係ない分野なんですけどね。ただ、この地域の獣医師である、ということは、この地域で一番動物に詳しいということが前提にあるべきだと思っています。獣医学的なことに限らず、ムダにいっぱい持っている動物に関する知識を地域社会に役立てたいと思います。私たちは東京都から委託されて、野鳥の保護活動もやっています。そのほか、環境省の特定危険動物・特定外来生物関連の仕事もしています。最近では、東京都内のあちこちの警察署から、よろず動物相談を受けています。警察もいろいろな動物を持ち込まれて対応に困っているようですので、アドバイスをすると大変喜ばれます。こいった業務をこなすには、あらゆる動物に関する知識と経験がなければなりませんが、そういった知識を持っている専門家の責務として、相談をしに来た人にはどんな些細な事でも200%応える気持ちでいるんです。

←前 1 2 3 次→
 
178716/シーファ動物病院/高橋敦司院長/1,178715/奥沢すばる動物病院/宮 直人院長/1,178713/ライト動物病院/小林良輔院長/1,178712/小滝橋動物病院 新目白通り第2高度医療センター/中村 泰治院長/1,178710/小滝橋動物病院 目白通り高度医療センター/井口和人副院長/1,18197/東3丁目ペットクリニック/山根瑞穂分院長/1,178702/いそざき動物病院/磯崎翔太院長/1,178701/横浜南どうぶつ病院/植野孝志院長/1,178697/かたせ江の島どうぶつ病院/畑 岳史院長/1,178673/わたなべ動物病院/渡辺言之院長/1,178716/シーファ動物病院/高橋敦司院長/1
/h

外出先でもドクターズ・ファイル

ドクターズ・ファイル モバイル版

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

関連コンテンツ

ドクターズ・ファイル
採用情報 『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細
ページ最上部へ
178716/シーファ動物病院/高橋敦司院長/1,178715/奥沢すばる動物病院/宮 直人院長/1,178713/ライト動物病院/小林良輔院長/1,178712/小滝橋動物病院 新目白通り第2高度医療センター/中村 泰治院長/1,178710/小滝橋動物病院 目白通り高度医療センター/井口和人副院長/1,18197/東3丁目ペットクリニック/山根瑞穂分院長/1,178702/いそざき動物病院/磯崎翔太院長/1,178701/横浜南どうぶつ病院/植野孝志院長/1,178697/かたせ江の島どうぶつ病院/畑 岳史院長/1,178673/わたなべ動物病院/渡辺言之院長/1,178716/シーファ動物病院/高橋敦司院長/1
/h
animal