大和亮子院長、片野理恵副院長 (あじさい動物病院) (3ページ目) | 動物病院・獣医を探すなら動物病院ドクターズ・ファイル

街の頼れる獣医さん 912 人、動物病院 3,241 件掲載中!(2017年12月17日現在)

あじさい動物病院

大和亮子院長、片野理恵副院長
 

あじさい動物病院 大和亮子院長、片野理恵副院長 3 あじさい動物病院 (大和亮子院長、片野理恵副院長) 3

←前 1 2 3 次→

日常のちょっとした心配事も気軽に立ち寄り相談できる存在に

―ところで、先生方が獣医師をめざしたきっかけは何でしたか?

【片野副院長】私は、はじめ日本大学の生物資源科学部で野生動物の研究をしていたのですが、野生動物のために何か力になれることはないかと考え、医療や保護をする立場で野生動物に関わっていきたいと思い麻布大学獣医学部に編入しました。それがスタートです。実際に獣医師になってみると、やはり自然と向き合うというのは簡単ではないと痛感しました。テレビではよい面を凝縮して見せていますが、そこに至るまでには先人達の何年、何十年もの影の努力や創意工夫があり、それらの知恵をもってしても上手くいかないことの方が遥かに多いのです。野生動物は犬や猫と違って、論文やデータも少なく手探りの状態で治療をしなくてはいけません。さらに飼育動物ではないので、人に触られるだけでストレスを感じ体調が悪化したりもしますし、人に慣れてしまって野生復帰出来なくなっても困ります。最少の負担で最大の効果を得るためにはどうすればいいかをすごく考えなければいけないので、それなりの意気込みがなければできない仕事だと思いましたね。でもその分、大変だけどおもしろいですし、未知数の魅力を感じています。
【大和院長】昔から動物が好きで盲導犬の繁殖などに興味があり、行動学の勉強をするためにイギリスのレディング大学とエジンバラ大学大学院に進学しました。帰国し獣医師の先生にお会いしたときに、獣医の資格があったほうが行動学の知識も深まり、薬で行動を治すこともできるということを聞き、獣医師の資格を取りました。その後、臨床をしていくうちに治してあげたいという気持ちが強くなり外科の勉強を始め現在に至ります。学生の頃はJAHD(日本動物遺伝病ネットワーク)という整形外科のNPO法人で、盲導犬の股関節のレントゲンや整形外科的疾患の病気の発見のお手伝いをしていました。臨床も盲導犬の診察も両方できればと思いますが、今はやはり臨床中心ですね。

―お忙しい中、リフレッシュはどのようにされていますか?

【片野副院長】剣道をやっているので道場に行っています。高校生から始めて続けているうちにいつのまにか5段になりました。よく驚かれますが、普通にやっていればそのくらいできるようになりますよ。剣道はリフレッシュになりますね。ボコスカと相手を叩きますから(笑)
【大和院長】片野先生はその一方で、お茶とかお花ができる女性らしい面もあるんですよ。院内のお花のアレンジメントはすべておまかせしています。私は、サーフィンが好きです。忙しくても海に行くと解放されたような気持ちになりリフレッシュできますね。

―最後に今後の展望と読者へのメッセージをお願いします。

【大和院長】近所の方が動物についてちょっとした心配事があるときに、一番に相談してもらえるような、地域密着型の病院にしていきたいですね。病気はもちろんのこと、ご飯のことでもしつけでもトリミングでも、総合的に診ることのできる病院をめざしたいです。ただ治せばいいということではなく、診断や検査をきちんと行い、その子の何が悪いかを見つけ、オーナーさんと自分と動物とがどうするのがよいかということを考えられる獣医師になりたいと思います。はじめて動物を飼ったときは、何をすればいいか、どんな予防をすればいいかがわからないと思います。ちょっと相談にいこうかなと立ち寄ってもらえるような病院にしていきますので、気軽に来てくださいね。初めてのときは動物病院って入りづらいと思うのですが、そこをなんとか垣根なく来ていただけるようにしていきたいです。
【片野副院長】飼育動物の管理が細かいところまでなかなか行き届かない教育機関さんが多いので、子どもたちが動物をきちんと飼育できるようなお手伝いをしていきたいですね。動物達と触れ合うことで、おうちでも動物を飼ってみたりとか、野生動物に興味を持ってもらったりなどのきっかけになってくれればと思っています。基本的には動物病院さんの診療対象は犬猫中心で、他の動物は診察を断られるケースというのが多々あります。私は色々な動物を診ることが出来るオールラウンダーの獣医師としての知識を身に付けていきたいですね。また、エキゾチックの診療ができるのは強みだと思うので、できる範囲で、爬虫類や両生類なども今後診ていきたいです。私も病院や薬が嫌いですし行きたくないという気持ちもわかりますが、体重を測るだけでもいいので、気軽に来ていただければと思います。普段から動物病院に慣れていないと、いざというときに興奮して何もできなくなるので、日頃から足を運んでいただくことで、「ここは楽しいところなんだ」と動物たちが思ってくれれば嬉しいです。

←前 1 2 3 次→
 

新着「ドクターズ・ファイル」

178697/かたせ江の島どうぶつ病院/畑 岳史院長/1,178673/わたなべ動物病院/渡辺言之院長/1,176519/春動物病院/猪熊 仁院長/1,178681/あおばペットクリニック/田中泰三院長/1,178676/とも動物病院/櫻井智敬院長/1,177101/谷津どうぶつ病院/新井 仁院長/1,178672/キズナ犬猫クリニック/遠藤隼人院長/1,178661/ひがしっぽ動物病院/東尾直樹院長/1,15308/さいわい動物病院/杉山博輝院長/1,17169/わたりだ動物病院/田村通夫院長、田村裕美副院長/1,178697/かたせ江の島どうぶつ病院/畑 岳史院長/1
/h

外出先でもドクターズ・ファイル

ドクターズ・ファイル モバイル版

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

関連コンテンツ

ドクターズ・ファイル
採用情報 『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細
ページ最上部へ
178697/かたせ江の島どうぶつ病院/畑 岳史院長/1,178673/わたなべ動物病院/渡辺言之院長/1,176519/春動物病院/猪熊 仁院長/1,178681/あおばペットクリニック/田中泰三院長/1,178676/とも動物病院/櫻井智敬院長/1,177101/谷津どうぶつ病院/新井 仁院長/1,178672/キズナ犬猫クリニック/遠藤隼人院長/1,178661/ひがしっぽ動物病院/東尾直樹院長/1,15308/さいわい動物病院/杉山博輝院長/1,17169/わたりだ動物病院/田村通夫院長、田村裕美副院長/1,178697/かたせ江の島どうぶつ病院/畑 岳史院長/1
/h
animal