村越敏幸院長、村越恵子先生 (あさひ動物病院) (3ページ目) | 動物病院・獣医を探すなら動物病院ドクターズ・ファイル

街の頼れる獣医さん 924 人、動物病院 3,211 件掲載中!(2018年11月17日現在)

あさひ動物病院

あさひ動物病院

村越敏幸院長、村越恵子先生
 

あさひ動物病院 村越敏幸院長、村越恵子先生 3 あさひ動物病院 (村越敏幸院長、村越恵子先生) 3

←前 1 2 3 次→

ペットの生涯のかかりつけ医として、健康でも気軽に来られる動物病院でありたい

―休日はどのように過ごされているのですか?

【村越院長】昼休みの時間と休日は、大方畑仕事をしています。一緒に過ごす時間が少なく子どもには悪いとは思っているのですが(笑)。かかりつけとして当院をご利用いただいている飼い主さんには、留守番電話にメッセージを残してもらえば、時間外でも必ず診察するようにしていますので、ますます出かける機会は減りましたね。動物も植物も共にものを言わない生き物。それぞれの状態をよく観察しながらケアしていくのは同じことです。ベストな状態になるようサポートし、いい顔が見られた時が一番嬉しいですね。
【恵子先生】私は読書が好きですね。遠出をすることがめっきり減って、どこに居てもできる読書は気分転換に最適です。また、読書は1つの物事を様々な方向から考え、感じるための想像力を鍛えるのにもってこいです。飼い主の皆さんからいろいろなお話を聞く中で、様々な角度から質問をして、絡み合った言葉をひとつひとつほぐして、きちんと稟告が取れたときに喜びを感じます。

―なぜ獣医師になろうと思われたのですか?

【村越院長】高校生のとき、将来は動物関係の訓練士になりたいと考えていたのですが、当時はまだ訓練士という仕事があまり認められていなかったので、それなら獣医師になろうと思い、日本獣医畜産大学(現・日本獣医生命科学大学)に入学しました。卒業してしばらくは、公務員の獣医療関係の仕事に就いていたのですが、そのうち父が年を取り畑仕事が大変になってきたので、私が跡を継いだわけです。その頃に飼っていた犬の具合が悪くなっていくのを見ていて、何のために獣医師の資格を取ったのだろうと考えるようになりました。父が亡くなったのをきっかけに開業を決心。開業前にお世話になった病院の中で、大学の先輩が開業されている吉祥寺のおおむら動物病院で検査から診断、治療に至るまで、本当に多くのことを学びました。当院もそこでの治療方針を基盤としています。おおむら動物病院に勤務していなかったら、当院は病気に対する姿勢があやふやになっていたかもしれません。
【恵子先生】私はもともと子供と動物が好きで、両方に関われる仕事ができる障害児の情操教育をしている牧場で働きたいと獣医学科に進みました。しかしながらそこでの就職が難しく、ならばと研究者を目指し東大の大学院に進み、研究所に入ったのですが、試験管を相手に仕事をするのはどうも向かなかったようで、生身の人間と動物を相手にしたく方向転換しました。

―将来への展望をお聞かせください。

【恵子先生】今あるようなペットホテルだけでなく、ドッグランや幼稚園など、遊ばせたりしつけもできたりして、病気ではなくても一緒に成長をしていくことができるような場所をつくりたいですね。ワンちゃんたちも運動できる場所があれば、病気になりにくいですから。そうすれば動物病院がもっと身近になり、気軽に質問ができる場所になると思うのです。病気にならないと行かない動物病院では、飼い主さんの悩みがなかなか解決できず、インターネットの情報や噂に惑わされてしまいがちです。飼い主さんへの正しい情報の発信も兼ねて、健康な子でも来ることができる動物病院をめざしていきたいですね。

―最後に読者へのメッセージをお願いします。

【恵子先生】常にペットと触れ合ってコミュニケーションをとることが大切ですね。スキンシップはコミュニケーションの1つとなりますし、早期に体の異常が発見することもできます。触られることに慣れてくると、ペットは病院に来てもきちんと触診をさせてくれるようになります。また、動物との生活を大いに楽しんで下さい。家族と共にある今を大事にしていただき、元気な時はもちろん、病気になった時、介護が必要になった時、「あの時ああすればよかった」と思うことのないよう、共に笑い、共に喜び、共に楽しみ、“家族”というたくさんの歴史を作ってください。
【村越院長】飼い主さんがあれもだめ、これもだめとペットに対して神経質になっていると、やはりペットたちにも伝わってしまい、神経質な子に育ってしまいます。また、逆になんでも許してしまうと我儘になりますので、厳しく接する機会も必要です。3歳児を育てていると思ってできるだけおおらかに、また、めりはりのある育て方をして欲しいですね。ペットと一緒に生活できるのも十数年です。一緒に生活できて良かった、楽しかったと言えるようにしてほしいです。そして最期は「ありがとう」と言ってお別れできるのがペットたちにとって最高のごほうびになるのではないでしょうか。

←前 1 2 3 次→
 
178716/シーファ動物病院/高橋敦司院長/1,178715/奥沢すばる動物病院/宮 直人院長/1,178713/ライト動物病院/小林良輔院長/1,178712/小滝橋動物病院 新目白通り第2高度医療センター/中村 泰治院長/1,178710/小滝橋動物病院 目白通り高度医療センター/井口和人副院長/1,18197/東3丁目ペットクリニック/山根瑞穂分院長/1,178702/いそざき動物病院/磯崎翔太院長/1,178701/横浜南どうぶつ病院/植野孝志院長/1,178697/かたせ江の島どうぶつ病院/畑 岳史院長/1,178673/わたなべ動物病院/渡辺言之院長/1,178716/シーファ動物病院/高橋敦司院長/1
/h

外出先でもドクターズ・ファイル

ドクターズ・ファイル モバイル版

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

関連コンテンツ

ドクターズ・ファイル
採用情報 『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細
ページ最上部へ
178716/シーファ動物病院/高橋敦司院長/1,178715/奥沢すばる動物病院/宮 直人院長/1,178713/ライト動物病院/小林良輔院長/1,178712/小滝橋動物病院 新目白通り第2高度医療センター/中村 泰治院長/1,178710/小滝橋動物病院 目白通り高度医療センター/井口和人副院長/1,18197/東3丁目ペットクリニック/山根瑞穂分院長/1,178702/いそざき動物病院/磯崎翔太院長/1,178701/横浜南どうぶつ病院/植野孝志院長/1,178697/かたせ江の島どうぶつ病院/畑 岳史院長/1,178673/わたなべ動物病院/渡辺言之院長/1,178716/シーファ動物病院/高橋敦司院長/1
/h
animal