大石岳人院長 (こくぶんじ動物病院) | 動物病院・獣医を探すなら動物病院ドクターズ・ファイル

街の頼れる獣医さん 903 人、動物病院 3,194 件掲載中!(2022年05月19日現在)

こくぶんじ動物病院

大石岳人院長
 

こくぶんじ動物病院 大石岳人院長 1 こくぶんじ動物病院 (大石岳人院長) 1

←前 1 2 3 次→

西武国分寺線「恋ヶ窪」駅から徒歩7分、「西松屋」の向いに「こくぶんじ動物病院」はある。診療対象は犬、猫、ウサギ、フェレット、ハムスター、小鳥、フクロモモンガと幅広くさまざまなペットに対応。院長は、多摩エリアで生まれ育ち、大の猫好きである大石岳人先生だ。愛猫を腫瘍で亡くしたことをきっかけに、動物のガン治療について勉強を開始。病院での、腫瘍を中心とした勤務経験をもとに、検査、診断を行い、最適な治療を提示。限られたスペースでありながら一般的な規模の動物病院でできる以上の治療を行う。また、自ら哺乳期の保護されてきた子猫を引き取り、授乳して育て里親探しをするなど、大石院長の動物への愛情はあふれんばかりだ。インタビューでは、診療へのこだわり、獣医師になったきっかけ、今後の展望などをに聞いた。
(取材日2014年7月2日)


腫瘍の治療に力を注ぐ町の獣医師。フクロモモンガ、フェレットなどの小動物も診察OK

―もともとここにあった動物病院から引き継いで開院されたとお聞きしました。

前の院長先生が、20年以上前に、この場所で開業されましたが、ご高齢で引退され、私が継承という形で、2010年に病院を譲り受けました。生まれも育ちもこの地域でしたので、地元で開業できればと考えていました。実家は小金井市で、高校は国分寺高校です。大学は武蔵境なので、ずっとこの辺りに住んでいます。

―どんな動物の診察をしていますか?

犬・猫はワクチンや避妊・去勢手術、ノミ・ダニなどの予防関係が多いです。ウサギの場合は、急に食べなくなってしまったとか、おなかを痛がっているとか。毛球症や歯の病気が多いですね。ハムスターは寿命がだいたい2年くらいなんですが、寿命に近づいてくると、あちこちに“しこり”ができたりします。フェレットは、ジステンパーという病気になってしまうこともあるので、犬用ですがワクチンを接種します。フクロモモンガは、外傷や尻尾をかじってしまってちぎれそうになって手術したことも。あとは、爪切りで来院されるケースもありますが、お預かりが圧倒的に多いです。

―どのような相談が多いですか?

犬・猫はワクチンや避妊去勢手術、ノミ・ダニの予防関係などが多いです。ウサギの場合は、急に食べなくなってしまったとか、おなかを痛がっているとか。毛球症や歯の病気が多いですね。ハムスターは寿命がだいたい2年くらいなんですが、寿命に近づいてくると、あちこちに“しこり”ができたり、下痢をしたり。フェレットは、ジステンパーという病気になってしまうこともあるので、犬用ですがワクチンを接種します。フクロモモンガは、尻尾をかじってしまってちぎれそうになって手術したことも。あとは、爪切りで来院されるケースもありますが、お預かりが圧倒的に多いです。

―腫瘍の治療にも力を入れていらっしゃいますね。

三重県の「南動物病院」に勤めていた時に、腫瘍についてたくさん経験、勉強をさせていただきました。そこはCTやMRIなどの高度医療検査や、放射線治療までできる大きな病院で、全国からガン患者が集まってきます。海外から有名な先生が来院されて、指導を受けたことも貴重な経験でした。3年半勤務しましたが、かなり多くの腫瘍症例を診ることができました。その経験を生かし、皮膚にできた小さなしこりから、脳腫瘍などの難しい症例にいたるまで、色々とアドバイスをさせていただけると思います。飼い主さんが気づきやすいガンは、体表にしこりができる場合ですね。消化器の腫瘍の場合は、吐いたり、食欲がなくなったり、痩せてきたなどの症状が出ます。犬で全身のリンパ節が腫れているなら、真っ先にリンパ腫を疑います。高齢の猫で吐き気が治らない場合、おなかの中に腫瘍ができている可能性もありますね。動物は高齢になると、動かなくなるので、元気がなくてもそういうものかなと思いがちです。ですがこまめに観察して、少しでも様子がおかしかったら、病院に連れて行くのがいいでしょう。動物は何も言えませんから、飼い主さんが気付いてあげないといけません。

―腫瘍について学ぼうと思われたきっかけを教えてください。

飼っていた猫が悪性リンパ腫になってしまったんです。大学5年生の時でした。私は近所の動物病院で研修中で、先生の指導を受けながら、手術や抗がん剤治療など、できる限りの治療をしました。でも、病気がわかってから3ヵ月くらいで亡くなってしまって、悔しかったですね。1日でも長く生きていて欲しかったのですが……。もっと獣医師として自分にできることがあったのではないか?と思ったんです。それから腫瘍の治療ができる獣医師になろうと思いました。

←前 1 2 3 次→
 

新着「ドクターズ・ファイル」

178697/かたせ江の島どうぶつ病院/畑 岳史院長/1,178673/わたなべ動物病院/渡辺言之院長/1,176519/春動物病院/猪熊 仁院長/1,178676/とも動物病院/櫻井智敬院長/1,177101/谷津どうぶつ病院/新井 仁院長/1,15308/さいわい動物病院/杉山博輝院長/1,20064/あいはら犬猫病院/濱田宇広院長/1,177307/しろいアニマルクリニック/中川善裕院長/1,177152/鈴木犬猫病院/鈴木隆太郎院長/1,178636/ラパン動物病院/一ノ瀬雄史院長/1,178697/かたせ江の島どうぶつ病院/畑 岳史院長/1
/h

外出先でもドクターズ・ファイル

ドクターズ・ファイル モバイル版

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

関連コンテンツ

ドクターズ・ファイル
採用情報 『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細
ページ最上部へ
178697/かたせ江の島どうぶつ病院/畑 岳史院長/1,178673/わたなべ動物病院/渡辺言之院長/1,176519/春動物病院/猪熊 仁院長/1,178676/とも動物病院/櫻井智敬院長/1,177101/谷津どうぶつ病院/新井 仁院長/1,15308/さいわい動物病院/杉山博輝院長/1,20064/あいはら犬猫病院/濱田宇広院長/1,177307/しろいアニマルクリニック/中川善裕院長/1,177152/鈴木犬猫病院/鈴木隆太郎院長/1,178636/ラパン動物病院/一ノ瀬雄史院長/1,178697/かたせ江の島どうぶつ病院/畑 岳史院長/1
/h
animal