動物病院・獣医を探すなら動物病院ドクターズ・ファイル

動物病院・獣医を探すなら動物病院ドクターズ・ファイル。
獣医の診療方針や人柄を独自取材で紹介。好みの条件で検索!
街の頼れる獣医さん 895 人、動物病院 10,079 件掲載中!(2023年02月03日現在)

磯崎 翔太 院長の独自取材記事

いそざき動物病院

(平塚市/東海大学前駅)

最終更新日: 2023/01/22

金目川にもほど近い平塚市南金目の県道62号沿い、広々とした敷地にブルーとグレーのシックな建物が目に入る。2018年1月15日に開院した「いそざき動物病院」だ。大きな窓が設けられたトリミングルームや里親募集ルームをのぞきながら、バリアフリーアクセス可能なエントランスを抜けると、優しい笑顔の磯崎翔太院長が迎えてくれた。平塚市出身、都内や川崎の動物病院で経験を積んだ後、満を持して地元での開業に踏み切った磯崎院長。「大好きな平塚の町で、地域の皆さまに愛される動物病院をめざします」と、目を輝かせる。TNR活動(地域猫不妊手術)にも積極的に取り組み、地元に貢献したいと意気込んでいる院長に、スタートを切ったばかりのクリニックの診療について話を聞いた。 (取材日2018年1月22日)

動物のストレスを軽減し、TNR活動にも積極的

素敵なクリニックですが、こだわった点などはありますか?

動物たちになるべくストレスを与えないよう、入院室を犬猫で別にするなど、細かい部分にはこだわりました。あとは、院外からも目に入る場所に里親募集中の子に過ごしてもらう部屋と、今はまだ空き部屋ですが、将来的にトリミングルームとして使う部屋も用意してあります。インテリアについては元ネイリストである妻に任せた部分も大きいのですが、設備についてはエックス線撮影装置、超音波エコーなど取りそろえ、酸素室も導入しています。

待合室や院外からものぞくことができる里親募集ルームは珍しい試みですね。

当院では増え続けて社会問題ともなりつつある野良猫に対してのTNR活動、つまりTrap=捕獲し、Neuter=不妊去勢手術を施し,Return=地域に戻す活動を積極的に行っています。また、迷子の犬猫の保護、行き場のない動物を求める飼い主さまの橋渡し的な役割を続けていきたいという思いから、小さいながらも常設で部屋を設けることにしました。今はまだ空室ですが、通りすがりの方にも目に留めていただけるよう通り沿いに大きな窓を設けたので、広く活用できることを期待しています。

開院からまだ1週間というところですが、反響はいかがでしょう?

オープン前には不安もあったのですが、おかげさまで多くの飼い主さまとワンちゃん猫ちゃんにご来院いただいており、不妊・去勢手術などについてのお問い合わせも多くお受けしています。開院前は2日にわたって内覧会を行ったのですが、想定を大きく超える120組もの方に来ていただきました。お子さまのための獣医師体験やフード相談会、ペットとの似顔絵イベントなどを行ったのですが、おかげさまでどのコーナーも大盛況。今後の診療についてのご質問なども多く、改めて地域ニーズの高さを実感することができました。

安心、信頼できる医療をわかりやすい形で提供したい

院長が診療の際に心がけていらっしゃることは何ですか?

何より、動物たちに不要なストレスを与えないということを大切にしています。検査の仕方ひとつをとっても無理強いをしないように、新しい場所や人に落ち着かない子については、時間をかけて声掛けをしながら徐々に信頼関係を築いていきます。また、ワンちゃん猫ちゃんの状態について大きな不安を抱えていらっしゃる飼い主さまには、なるべくわかりやすく説明をするように心がけています。

飼い主へのわかりやすい説明とは具体的にはどのようなものでしょう?

他の病院で治療を受けたけれど、どんな処置をされたのか、どのような薬を処方されたのかをきちんと理解されていないという飼い主さまが意外に多いのです。動物の病気のこと、治療のこと、お薬の役割など、専門知識をお持ちでない一般の飼い主さまにとっては、一度聞いただけで理解するのはとても難しいもの。当院では言葉で説明するだけでなく、ホワイトボードを活用して図や文字で解説したり、患部の写真をお見せするなどして、できる限り平易な方法での情報共有を心がけています。飼い主さまによっては図や画像をスマートフォンなどで写真に撮ってお持ち帰りになり、ご家族らと情報共有をされるという方もいらっしゃいます。

これまでのキャリアで印象に残るできごとがあれば教えていただけますか?

今回の開院にあたり、以前の勤務先である病院に通院されていた患者さまがいらしてくれたのは感激しました。前の勤務先は川崎市内の動物病院で、同じ神奈川県内とはいえそれなりの距離があります。そうした遠方からわざわざ頼って来ていただけたというのは、信頼してくださっている証と、うれしく思います。印象に残っているのは、交通事故で下半身麻痺になってしまった猫ちゃんです。歩けるようになるのは難しいかなと思うような状態だったのですが、飼い主さまの熱意でリハビリテーションを本当によく頑張って、最終的には歩行を取り戻すに至ったのです。飼い主さまの愛情は、麻痺をも乗り越えさせる力を持っている大きなものだということを再認識させていただきました。

ご出身地である平塚で開院することへの思いなどあればお聞かせいただけますか?

海、山、川が近く、澄んだ空気が心地よい平塚は、大好きな町です。動物を飼うにもとても素晴らしい環境だと思いますが、唯一医療の面では二次病院も多くある都内や横浜、川崎といった都会に比べれば後進的なエリアかもしれません。今後は地域の動物と飼い主さまに安心と信頼の医療をご提供できるよう、高度医療を行う二次の動物病院などとも連携しながら全力を尽くしていきたいと思っています。

避妊・去勢手術や野良猫問題なら、まずは気軽に相談を

お忙しい毎日とは思いますが、休日のリフレッシュにはどんなことをされていますか?

家で4匹の猫と妻とのんびり過ごす休日が一番のリフレッシュになっています。いろいろな邦画・洋画を鑑賞したり、シーズンには野球やサッカーの試合を観戦したりしています。わが家では4匹の猫を飼っていて、当院のインテリアにも猫をモチーフとしたものが多いので「猫派」と思われている方が多いようですが、実は私自身は「犬派」です(笑)。もちろん、動物はどんな子でもみんな大好きですが。

ペットを飼っている読者に向け、何かアドバイスがあればお願いできますか?

ワンちゃん猫ちゃんに避妊・去勢手術やフィラリアの予防、混合ワクチンの接種を受けさせていない飼い主さまが意外と多くいらっしゃいます。特にこの辺りでは猫ちゃんを外に出して飼っていらっしゃる方も多いですし、ワンちゃんを散歩されてる方も多いので、ぜひ混合ワクチンやフィラリアの予防、不妊手術を受けさせてほしいと思います。ご不明なことがあればどんなことでもご相談いただければと思います。

今後の展望と、近隣読者の方へのメッセージをお願いします。

先日の内覧会でトリミングへのニーズの高さを再認識したので、できるだけ早く良いトリマーさんを見つけて、トリミングをスタートさせたいと思っています。医院としては何か気がかりがあるときはもちろん、体調が良くても体重測定や顔見せだけでも気軽に立ち寄れるような動物病院にしていきたいです。近くに金目川があり、この辺りをワンちゃんとのお散歩コースにされている方も多いと思いますので、ぜひお散歩ついでに気軽にお寄りいただければと思います。また、T.N.R.の経験やノウハウもあるので、野良猫でお困りの方もぜひご相談ください。

動物病院ドクターズ・ファイルは、首都圏を中心としてエリア拡大中の獣医師・動物病院情報サイト。
路線・駅・行政区だけでなく、診療可能な動物からも検索できることが特徴的。
獣医師の診療方針や診療に対する想いを取材し記事として発信し、
ペットも大切な家族として健康管理を行うユーザーをサポートしています。

掲載情報について

掲載している各種情報は、株式会社ギミック、または株式会社ウェルネスが調査した情報をもとにしています。
出来るだけ正確な情報掲載に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。
掲載されている医療機関へ受診を希望される場合は、事前に必ず該当の医療機関に直接ご確認ください。
当サービスによって生じた損害について、株式会社ギミック、および株式会社ウェルネスではその賠償の責任を一切負わないものとします。
情報に誤りがある場合には、お手数ですがお問い合わせフォームより編集部までご連絡をいただけますようお願いいたします。

TOP