松下光浩院長 (アーバン動物病院 ) (2ページ目) | 動物病院・獣医を探すなら動物病院ドクターズ・ファイル

街の頼れる獣医さん 909 人、動物病院 3,199 件掲載中!(2021年05月15日現在)

アーバン動物病院

松下光浩院長
 

アーバン動物病院 松下光浩院長 2 アーバン動物病院  (松下光浩院長) 2

高性能機器を導入するほか、歯科・皮膚科などこだわりの医療を提供

―動物の歯科に力を入れているそうですね。

「人間と同じで犬も歯磨きや手入れが必要です」とよく飼い主さんに話しています。犬は子犬のうちから口腔ケアを行い、歯磨きをしていれば、「気づいたら歯がボロボロで抜くしかない」といった状況を回避することができます。とはいっても、ご家庭で飼い主さんが歯磨きしてあげるのは簡単なことではありません。まずは口元を触られることに慣らしていき、その後、指で歯に触れることに慣れてもらう…根気よく段階を踏む必要があるので、しつけと同じくらい時間がかかります。ですので、一番はしつけのしやすい子犬の頃から歯磨きをやってあげることなんです。猫は犬と違ってなかなか磨かせてくれないので、歯磨き効果があるチュアブルやスナックを与えるなどの工夫が必要です。猫の歯は小さくて修復が難しいので、注意をしてあげて欲しいですね。

―他に力を入れている診療はありますか?

皮膚科がそうですね。獣医学と検査技術の進歩によってきちんと診断をつけることが可能になり、治療方法も明確化してきました。犬の皮膚疾患で多いのはアレルギーやアトピーですが、現在は血液検査で食事アレルギーの有無や原因がわかることもあります。フードを変えることによって症状が改善されることもあるため、アレルゲンや添加物が入っていないフードも増えています。当院ではフードメーカーの講師に当院に来ていただき、セミナーを開いてスタッフにも受講してもらっています。また、全てのメーカーのサンプルフードを医院に置いていて、アレルギーだけでなく例えば腎臓病であれば10〜20種類の中から、ペットが好むフードを選べるように配慮しています。

―検査機器も高性能のものを導入されています。

しっかりとした診断をつけるために必要な機器を揃えました。歯科用および一般用のデジタルレントゲン装置、血液検査装置、超音波診断装置(エコー)、自動解析心電図計などがあります。経営のことを考えると設備投資に熱を上げすぎるのは良くないのかもしれませんが、超音波診断装置などは実際に精度の高い機器を使うと、それよりも精度の悪い機器では不鮮明であることにストレスを感じてしまうんです。正しい診断を下すための大切な機器ですので、できる限り妥協せず、良いものを導入しています。

 

新着「ドクターズ・ファイル」

178697/かたせ江の島どうぶつ病院/畑 岳史院長/1,178673/わたなべ動物病院/渡辺言之院長/1,176519/春動物病院/猪熊 仁院長/1,178681/あおばペットクリニック/田中泰三院長/1,178676/とも動物病院/櫻井智敬院長/1,177101/谷津どうぶつ病院/新井 仁院長/1,15308/さいわい動物病院/杉山博輝院長/1,20064/あいはら犬猫病院/濱田宇広院長/1,177307/しろいアニマルクリニック/中川善裕院長/1,177152/鈴木犬猫病院/鈴木隆太郎院長/1,178697/かたせ江の島どうぶつ病院/畑 岳史院長/1
/h

外出先でもドクターズ・ファイル

ドクターズ・ファイル モバイル版

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

関連コンテンツ

ドクターズ・ファイル
採用情報 『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細
ページ最上部へ
178697/かたせ江の島どうぶつ病院/畑 岳史院長/1,178673/わたなべ動物病院/渡辺言之院長/1,176519/春動物病院/猪熊 仁院長/1,178681/あおばペットクリニック/田中泰三院長/1,178676/とも動物病院/櫻井智敬院長/1,177101/谷津どうぶつ病院/新井 仁院長/1,15308/さいわい動物病院/杉山博輝院長/1,20064/あいはら犬猫病院/濱田宇広院長/1,177307/しろいアニマルクリニック/中川善裕院長/1,177152/鈴木犬猫病院/鈴木隆太郎院長/1,178697/かたせ江の島どうぶつ病院/畑 岳史院長/1
/h
animal