動物病院・獣医を探すなら動物病院ドクターズ・ファイル

動物病院・獣医を探すなら動物病院ドクターズ・ファイル。
獣医の診療方針や人柄を独自取材で紹介。好みの条件で検索!
街の頼れる獣医さん 921 人、動物病院 9,796 件掲載中!(2024年04月21日現在)

松本保則 院長の独自取材記事

マツモト動物病院

(江戸川区/一之江駅)

最終更新日: 2023/01/22

地下鉄の一之江駅から徒歩3分の場所にある「マツモト動物病院」。1985年の開業から、30年の長い歴史を持つ動物病院だ。地元の患者が多く、地域に根付いてきた信頼度も高い。広く一般的な診療に対応する松本保則院長。さまざまな外科手術から予防接種、定期検診、飼育相談なども行う、街のホームドクターだ。「決して押しつけせず、飼い主さんにとって最も納得できる治療を提供していきたい」と話す松本院長は、インフォームドコンセントを大切にする。飼い主が治療をどこまで望んでいるのか。ゴールはどこに設定しているのか。それをしっかりとくみ取ったプランを立ててくれるのだ。そんな松本院長に、クリニックの特徴や治療方針、患者への思いなど、じっくりと聞いた。 (取材日2015年12月28日)

ささいな悩みや疑問を相談できるような身近な存在になっていきたい

クリニックの特徴をお教えください。

犬猫の病気において、どんな症状であってもまずは窓口としてご相談いただけるような、総合的な治療を行う街のクリニックです。自転車や徒歩で来院されている方が多く、近年では小型犬や猫を飼っている方が目立ちますね。多い病気としては、1歳未満ならば先天的な病気や消化器疾患、1歳から10歳ほどならば皮膚疾患や一過性の消化器疾患、泌尿器疾患。高齢期になるとがんなどの発症も増えます。犬の場合は心不全、猫の場合は腎不全が多いのも特徴ですね。当院では、それらの疾患において検査・診断を行い、治療を進め、より専門的な治療が必要な場合には二次診療施設もご紹介しています。外科手術は、避妊去勢以外に骨折や脱臼などの整形外科や、消化管内異物や膀胱結石などの腹部外科などに対応。口臭のために歯石除去や抜歯など、歯科も行っています。

予防接種や定期検診の呼びかけはどのようにされていますか?

予防は混合ワクチン、狂犬病やフィラリア、ノミ・ダニ駆除を行っています。すべて受けている場合には年に3回ほど、犬または猫の混合ワクチンでも年に1回は来院されますから、その際に検診の啓蒙をしています。毎日変化を見られるわけではありませんから、そういった機会で体調の変化を見つけてあげることが獣医師の役目だと思っています。そこで予想していなかった病気が見つかるということも少なくありません。例えば、体重が減っているという兆候があればカルテに必ず書き留め、次回来院時のチェック項目をつくっておきます。そうしてこれといった体調異常に気付かない場合でも予防にいらっしゃった時に体重が戻っていなければ、「心配なので検査してみませんか?」とご提案し、しっかりと検査・診断をお受けいただくのです。それ以外にも、視診で姿勢、歩様、歯ぐきの色などを見ること、聴診で心音、呼吸音を聞くこと、触診で体表やお腹のしこりの有無を見ることなど、一通りのチェックをすることで、病気の早期発見に努めていければと考えています。

飼育相談なども行っているそうですね。

初めてペットを飼った方は、インターネットなどの知識などに頼ってしまいがちです。しかし、それで偏った知識を持ってしまい、動物との接し方に失敗してしまった、というお声も多いのです。動物を迎え入れたらその動物にあった接し方をしていただくために、ささいな疑問などにもお答えする飼育相談を受け付けています。周囲に相談できる人がいない、という飼い主さんも多いですから、気軽に頼っていただける身近な存在になれればうれしいですね。数年飼育してからの問題行動は、なおしにくい場合もあるため、迎え入れて間もないうちにいらしてほしいですね。また当院では、市販のご飯では健康が維持できない子のための処方食にも対応しています。ペットを抱えて徒歩でいらっしゃる方の負担を減らすため、処方食の宅配サービスも受け付けていますので、お気軽にご相談ください。

患者への責任があるから、獣医師として一人前になれた

勤務医時代に影響を受けた方はいらっしゃいますか?

私は獣医学部を卒業後、一度は企業に就職し獣医療とは離れて仕事をしていました。しかし、働いていく中でやはり獣医師を志したいと考えるようになり、気持ち新たに動物病院での勤務を開始しました。そこでともに働いていた先生には、すごくお世話になりましたね。友人関係にも近かったため、よく相談に乗ってもらっていました。治療のことから獣医師としての心構え、日頃の診療の悩みなど、どんなことでも話して、アドバイスをもらって。同年代とは思えないほどしっかりとした考えを持っていて、感心させられることばかりでしたね。彼は私よりも先に開業していたため、開業したばかりで右も左もわからないときにも、たくさん相談していました。その存在があったからこそ今日までやってこられたと感じますし、今でも大きな心の支えになってくれています。

開業はずっと考えていらしたのですか?

再び獣医師を志し、勤務医を始めた頃からいずれは開業しようと決めていました。あっという間に開業から30年が経ちましたね。感じることは、勤務をしていた頃の自分の未熟さです。開業して良かったこと、大変だったことはさまざまあります。そのすべての思いや責任を担うのが、開業医の努め。治療法も導入する機材も、すべて自分で見極め習得し、患者さんにご提供しなくてはいけません。その中で、常にステップアップしていくことも欠かせないのです。しかし、患者さんへの大きな責任がある一方で、私を信頼して通い続けてくださる方々の思いがうれしくて仕方ありません。自分のクリニックだからこそ、喜びもひとしおになるのです。開業して何より良かったと感じるのは、獣医師としても一人の人間としても、一人前に成長できる環境に身を置けたことですね。

お忙しい先生ですが、リフレッシュ法はありますか?

以前は釣りやスキー、カヌーなど、さまざまな趣味がありよく出かけていました。しかし、最近は休日も診療をすることが多く、なかなか行けていない状況。予定を入れていても、その前日に吐き気があるという子が来れば、翌日は何があってもすぐに対応できるように自宅で待機しなくてはいけませんから、予定はキャンセルになってしまうのです。そんなときは読書や映画を観たりと、家でリフレッシュするように心がけています。時間がつくれれば、遠出して船釣りに行きたいですね。

飼い主が最も納得できる方法を選択できるように万全を尽くしたい

診療の際に気を付けていることはなんですか?

症状や治療法の説明を行い、患者さんの同意を得るインフォームドコンセントを大切にしています。病気は治せばいいというわけではありません。飼い主さんが何を求め、どこまで治療をしたいと考えているのかを知ることが大切です。例えば、高齢期のわんちゃんが足を引きずっていると来院された場合。この場合、治すのなら外科手術をお勧めします。しかし、高齢期の外科手術は身体への負担も大きくなってしまいます。それでも手術をして治してあげたいのか。痛みがないなら負担をかけずに手術をしたくないと考えるのか。それは、飼い主さんによって千差万別なのです。可能な限りの治療法や、治療をしないという選択肢もしっかりとご説明し、じっくりとお考えいただいてから、お選びいただけるよう配慮しています。まず、飼い主さんの意思を明確にしていただき、それに合わせて飼い主さんが最も納得できる治療をご提供するために、万全を尽くしていきたいと考えています。

飼い主さんの意思を明確にするというのは?

飼い主さんは慌ててペットたちを連れてくることが多いため、どんな治療までを望んでいるのかという目的が明確になっていない方がほとんどなのです。そのため、主訴をお伺いする前に一度落ち着いていただき、しっかりとお話しをすることが大切です。そうして、ご要望をくみ取り、治療のゴールを定めること。一つ一つの治療において、その内容とメリット・デメリット、費用などを丁寧にご提示し、飼い主さんが後悔しない治療法をご選択いただくようにしています。また私は、獣医師側の都合で治療プランを組み立ててはいけないと考えています。最良だと思った治療法があったとしても、飼い主さんが望まれていない治療法かもしれません。例えば獣医師に、「手術が必要なので費用はいくらかかります」と断言されてしまっては、飼い主さんはその治療をしなくてはいけないと感じてしまいますよね。しかし、選択肢は飼い主さんとペットの数だけあるはずなのです。飼い主さんのお気持ちと事情、そしてペットの症状に合わせて最適な道をお選びいただけるように尽くしています。

最後に、読者へメッセージをお願いします。

何か異常があれば、早めにご来院いただきたいです。「このぐらいで病院に行っていいのかな?」と感じられている方も多いのですが、ペットは言葉が話せない分、病気の発見も遅くなってしまいがち。どんなささいなことでも兆候があれば診療をお受けいただくことをおすすめします。お忙しい方はお電話でも構いません。そうすれば、「少し様子を見て治らないようなら来院してください」、「すぐに来院してください」と、お話しすることもできます。また当院では、緊急の場合には時間外であっても対応しています。いざという時にも頼っていただける街のホームドクターになっていきたいと考えていますので、お気軽にご相談ください。

動物病院ドクターズ・ファイルは、首都圏を中心としてエリア拡大中の獣医師・動物病院情報サイト。
路線・駅・行政区だけでなく、診療可能な動物からも検索できることが特徴的。
獣医師の診療方針や診療に対する想いを取材し記事として発信し、
ペットも大切な家族として健康管理を行うユーザーをサポートしています。

掲載情報について

掲載している各種情報は、株式会社ギミック、または株式会社ウェルネスが調査した情報をもとにしています。
出来るだけ正確な情報掲載に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。
掲載されている医療機関へ受診を希望される場合は、事前に必ず該当の医療機関に直接ご確認ください。
当サービスによって生じた損害について、株式会社ギミック、および株式会社ウェルネスではその賠償の責任を一切負わないものとします。
情報に誤りがある場合には、お手数ですがお問い合わせフォームより編集部までご連絡をいただけますようお願いいたします。

TOP